PDFのデータ入稿

PDFデータは作成する段階で出力や印刷にトラブルが発生しないよう注意して各設定をする必要があります。
下記の点もご考慮いただいたPDF-X1aの入稿をお願いします。
また、PDF-X4での入稿をご希望の場合は、事前にRGB-CMYK変換の打ち合わせが必要とりますので、ご連絡ください。

画像

CMYKまたはグレースケール、モノクロ2階調。RGBはNG(PDF-X4を除く)です。
通常、解像度はレイアウトの状態で350dpi必要です。
2値線画の場合は1200dpiが理想です。
ダブルトーンは使用不可です。
カラープロファイルは埋め込まないでください。
トランスファ関数やハーフトーン情報は含めないでください。

フォントはエンベット

必ずエンベット処理して文字化けのないようにしてください。
※エンベットのできない書体に注意してください。

特色は不可です

llustratorなどでカスタムカラーを使用した場合は、そのままPDFにせず
プロセスカラーに置き換えてください。
特色印刷の場合、CMYKのいずれかの色に置き換えてください。
例えば、緑1色で印刷する場合、データはプロセスカラーの黒版だけで作成してください。

オーバープリントは不可です

出力結果が予測できないので、使用不可です。
PDF作成時、Illustratorなどで透明を分割する時も破棄してプリセットは高解像度にしてください。
※オーバープリントを破棄することで出力結果が変わりますので、よく確認してから入稿してください。

ドキュメントサイズ

llustratorなどでデータを作成する場合は、レイアウト寸法を
ドキュメントサイズに合わせてしっかり位置合わせをしてください。

PDFの作成時

  • 断ち落とし:
     各辺3mm必要です。
  • カラー変換:
     出力先の設定に変換(カラー値を保持)
     プロファイルはJapan Color 2001 Coated
     それ以外のカラープロファイルは埋め込まないでください。
  • セキュリティ:
     全ての項目をOFFにしてください。