Photoshopのデータ入稿

サンラインのPhotoshopの最新バージョンはCS5になっております。
※CS5に配置する写真でEPSの場合はプレビュー8BitのTiffにして下さい。

色モードはCMYKかグレースケール、または2階調のみ

色のモードは350dpiのCMYKまたグレースケール、ロゴなど線画は1200dpiの2値でお願いします。
RGBモードやダブルトーンモードのデータは正確に処理ができませんので、使用不可です。

解像度はレイアウトの大きさで350dpi(連続調の場合)、2階調は1200dpi

例えば、フォトショップで350dpiの画像をイラストレーターに配置して2倍に拡大してレイアウトした場合は、175dpiになります。ご注意ください。
また、逆に50%に縮小してレイアウトした場合は700dpiとなり、無駄にデーターが大きくなります。
適正な大きさで適正な解像度を設定してください。

シャープネスを適正値で、しっかりかけてください

シャープネスを適正値でしっかりとかけた写真は、印刷するとカチッとした美しい仕上がりになります。
特に1眼デジカメはシャープネスが弱いため、しっかりとかけることをおすすめします。
逆に、コンパクトデジカメは、撮影時にシャープネスをかけるものがほとんどで二重にかけてしまわないよう、画像を見ながら調整してください。
また、拡大、縮小する場合は、シャープネスのかかり具合の変化にご注意ください。

適正なカラープロファイルでRGB-CMYK変換を

RGBからCMYKに変換する場合は、適正なプロファイルで行ってください。

保存形式はEPS

保存はEPSで下記のようにハーフトーンスクリーンやトランスファ関数、などはチェックしないでください。
★CS5をご使用の場合は、必ずプレビューを8Bit Tiffにしてください。
Photoshop_save-eps